海の魚はなぜ生で食べていいのか調査しました

ずっと気になっていました。
なぜ川魚は生で食べてはいけなくて海の魚は生で食べても大丈夫と言われているのか。
特に意識せず海の魚をそのまま食べたりしていました。
やっぱりお刺身は最高ですし寿司も美味しいですしね。
 
ただ本当に生で食べて大丈夫なのか気になり、調べてみることにしました。
どうやら海にいる寄生虫と川にいる寄生虫は種類が違うみたいですね。
そして川にいる寄生虫は最悪死に至ってしまう場合もあるとかないとか。
その点海にいる寄生虫はそれほど問題ではないので、万が一食べてしまっても大丈夫みたいです。
 
海にいる魚に寄生している寄生虫というのは、魚の体内でしか生きられないので人間が食べても人間に宿ることはないそう。
なので胃で暴れることはあっても、次第に胃酸で溶かされ排出されるみたいです。
暴れる時に胃を攻撃するのでかなりお腹は痛くなるようですが、しばらくすれば治まります。
 
川魚の寄生虫は哺乳類に宿ることもできるので、万が一食べてしまうと体の中で育ってしまうことがあるのだそうです。
ただ気になるのは鮭ですね。
鮭は川魚なのに寿司屋には当たり前にサーモンが並べられています。
美味しいので寿司ネタの中で一番好きなのですが、サーモンにいる寄生虫は大丈夫なのでしょうか。
 
こちらも気になって調べてみると、寿司ネタは一度冷凍してあるのでその時に寄生虫が死んでしまうのだそうです。
なので冷凍さえすれば生でも食べられるということになります。
恐らく死骸ならほとんどの人は食べているでしょうね。
焼き魚の中には熱で死んだ寄生虫の死骸が潜んでいることも多いですし。
 
火さえ通してしまえば問題ないので、寄生虫がどうしても怖い場合は火に通せばオーケーです。
でもこれって信頼で成り立っていますよね。
日本の寿司なら大丈夫と信じて食べています。
 
しかし海外に行った時にはちょっと不安になるかもしれません。
なので海外にいる間は火の通った魚しか食べられないですね。
寿司は帰国するまで我慢します。